地域活性化委員会所信

委員長 犬塚 百花合

 新城市は面積も広く地域によって特色に違いはありますが、時代が変わる中でも変わらず伝わってきた伝統文化が多くあります。それは自然や歴史的なものに限らず、地域住民が家族のように温かくしてくれるなど、田舎ならではの人付き合いなどに対しても言えるのではないでしょうか。私は新城の良さを後世に残していくために、地域住民へ伝統文化を伝えることが重要であると考えます。一人で物事を成し遂げることは困難です。過去数多くの事業を行い、新城の歴史の一つでもある新城青年会議所だからこそできることがあります。

 今年度当委員会では新城市の伝統文化を伝え、地元愛ある地域住民を増やす活動を行っていきます。まず、自然や歴史などの良さを改めて伝えることにより、地域住民に地元愛を持ってもらいます。そしてその場でコミュニティーを作り、人付き合いが生まれ、コミュニティー内での情報共有を可能にしたいと考えます。

 コミュニティーを作ることには様々なメリットがあります。 経済においては人の交流が増え、仕事の話に繋がることもあります。また、同業者や異業種の人と出会うことで新たな仕事の可能性も考えられます。新城の良さを知ることで地域住民も新城に対してプラスのイメージを持つことができ、マイナスな言葉を発することも少なくなります。こうすることで新城の雰囲気は明るくなり、活気のある社会になっていきます。加えて、伝統文化に触れる機会を作ることで新城の文化を好きになってもらうことができ、伝統を守る側として活躍してくれる人が現れる可能性もありえます。

 将来的にコミュニティー外の繋がりや知人を紹介してもらうなど、枠をこえた繋がりが持てるようになり地域全体が活性化していきます。